ビットコインソフトウェア開発–トークン化の新時代

世界独自の暗号通貨であるビットコインは、従来の法定通貨に比べて多くの利点をユーザーに提供します。この暗号通貨の分散型の性質により、価値の保存と資金の移動に理想的です。ビットコインは、9年前にサトシのホワイトペーパーで初めて世界に紹介されて以来、大幅なアップグレードが行われ、今日、ビットコインのソフトウェア開発は、トークン化の新時代を世界経済にもたらしています。.

トークン化

トークン化は、ブロックチェーン上に存在するデジタルトークンに実世界の資産を割り当てるプロセスです。このプロセスを通じて得られるいくつかの重大な利点があります。そのため、多くの開発チームが、トークン化プロセスをより合理化するための独自の方法を考えて数百万ドルを費やしてきました。ブロックチェーン上の特定のアイテムの所有権を保存することは、現在稼働中の複雑な紙のシステムを大幅にアップグレードしたものです。.

トークン化は、特定の資産の所有権を登録、譲渡、および証明するためのより効率的な手段を備えた世界経済構造を提供します。特定のアイテムをトークン化すると、所有者はBTCを譲渡するのと同じくらい簡単にプロパティを譲渡できます.

トークン化されたホーム

トークン化された不動産は、より効率的な市場を提供します

不動産所有者が投資を保護するためにブロックチェーンテクノロジーを採用しようとする理由はたくさんあります。ブロックチェーンテクノロジーの不変で不変の性質により、所有権関連のタスクの処理に完全に適しており、トークン化されたシステムにアップグレードすることで、市場でより高いレベルのセキュリティと効率を実現できます。.

ビットコインソフトウェア開発–カラーコイン

ビットコインのスクリプト言語により、ユーザーは常に小さなメタデータをブロックチェーンに保存できます。知識豊富な開発者は、このデータを使用して特定のアセットの所有権を表すさまざまな手段を作成するために何年も費やしてきました。 「カラーコイン」という用語は、所有権が付与されているBTCを表すために多くの人が使用しています。色付きのコインは、この暗号がデジタル通貨から価値のあるストア、そして今では実際の資産の所有権に移行するのをすでに見たBTCサガの進化の次のステップとして暗号コミュニティの多くの人に見られています.

無形資産

「実世界の資産」という用語は、デジタル領域外の価値を保持するアイテムを表すために大まかに使用できます。これらのアイテムの中には 無形資産, または、現実の世界では物理的な形を持たないアイテム。これには、特許、商標、著作権などの項目が含まれる場合があります。無形のアイテムは、物理的な表現を持つアイテムよりもトークン化がはるかに簡単ですが、このビジネスセクターで本格的なトークン化を行う前に、対処しなければならない制限要因がいくつかあります。.

著作権などの項目は、従わなければならない非常に異なる法的譲渡構造を持つ可能性があります。これらは州や国の国境を越えて変わる可能性があります。これは、所有権トークンの譲渡が国際レベルで法的拘束力を持つことを保証するために、これらの資産のトークン化は、アイテムの譲渡元の国と一致する必要があることを意味します.

代替可能資産

代替可能資産は、相互に交換可能なアイテムです。などのアイテム ゴールド 所有している物件の量と質が同じである限り、交換することができます。代替可能アイテムは、アセットの個別の表現の別のレイヤーを作成する必要がないため、トークン化がはるかに簡単です。 1オンスの金を表すトークンは代替可能な資産の完璧な例です.

所有権トークンを所有している人は誰でも、特定の純度レベルで1オンスの金を受け取る権利があります。たとえば、特定の芸術作品の所有権を表すトークンの場合のように、トークンを正確な金に固定する必要はありません。.

物的資産

不動産などのトークン化アイテムは、BTCのブロックチェーンの進化における次の論理的なステップとして業界の多くの人に考えられています。不動産市場は、このセクターへのトークン化の導入から大きな恩恵を受けています。現在実施されている不動産所有システムは非常に非効率的であり、多くの場合、これは特定の不動産または土地区画の真の所有権をめぐる論争につながる可能性があります。.

古くからの証書

ブロックチェーンテクノロジーは市場により多くのセキュリティを提供します

トークン化により、プロパティの所有者は、所有権が侵害されていないことを確認できます。現在の紙ベースのシステムには、多くの国の不動産所有者が特定の不動産に複数の紙の権利が提供されているかどうかを証明する能力がないという欠陥があります。記録管理システムがまだ遅れている発展途上国では、土地の所有権の重複が大きな問題となっています。.

ブロックチェーンベースのシステムは、これらの懸念を世界規模で市場から排除し、費用効果の高い方法で実装できるためです。どの国でも、ブロックチェーンプロトコルの使用によって提供される追加の保護を利用できます.

共有資産

デジタル経済で資産を共有する能力は、おそらくこの金融革命の最もエキサイティングな側面の1つです。ブロックチェーンテクノロジーにより、複数の関係者が特定の資産を端数レベルで所有することができます。たとえば、プラットフォーム Nametoken ユーザーがプレミアムドメインへの投資をクラウドファンディングできるようにします。これらの資産はトークン化され、投資プロトコルはブロックチェーン契約に直接プログラムされます.

統合された投票メカニズムを使用することで、Nametokenユーザーはドメインをいつ販売するかについて投票できます。売却時に、すべての利益は自動的に分割され、事前にプログラムされたブロックチェーンプロトコルを介して関係する投資家に送られます。同様のシステムが現在、不動産から曲の所有権まですべてに採用されています.

ビットコインソフトウェア開発–法的問題

おそらく、トークン化プラットフォームの開発者にとって最大の関心事は、プロトコルではなく、さまざまな管轄区域の絶えず変化する法的エコシステムです。これらの懸念に対するよりグローバルなアプローチが達成されるまで、真のトークン化が主流になるまでにはまだ何年もかかる可能性があります。市場でこのテクノロジーの深刻なニーズがあることは間違いありません。ほとんどの革新的なテクノロジーの進歩と同様に、法制度がテクノロジーに追いつくまでには常に遅れがあります。.

トークン化された未来は私たちの前にあります

今後数か月で、より多くのトークン化ベースのプラットフォームが市場に参入することが期待できます。この革新的なテクノロジーの利点は否定できません。今年はすでに、政府機関がそのようなプロトコルを現在のシステムに実装する方法を研究しているのを目にしています。うまくいけば、関係するすべての関係者にいくつかの明確な利点があるため、トークン化された資産が将来的に法的拘束力を持つことを可能にするいくつかの共通のコンセンサスが満たされる可能性があります.

皆さんはどう思いますか?あなたの家をトークン化できますか?でお知らせください ツイッター そして、ニュースレターにサインアップして、最新の暗号開発の最新情報を入手してください。.

Mike Owergreen Administrator
Sorry! The Author has not filled his profile.
follow me