小さなアーティストにとってのブロックチェーンの意味

アートは生計を立てるのが難しいことで有名です。有名になるすべての芸術家にとって、何千人もの小さな芸術家が比較的曖昧に存在し、他の仕事をしている、または彼らの仕事から生計を立てていることはほとんどありません。小さなアーティストとして、展示会を予約したり、作品をギャラリーに飾ったり、アートワークを一般に販売したりするのは難しい場合があります。あなたが知られるまで、あなたはより高い価格を請求することはできません、そしてよく知られることは難しいです.

ブロックチェーンアートマーケットは、小さなアーティストが知られ、報酬を得るのをより簡単にするかもしれません。これは、分散型のマーケットプレイスでは、ギャラリーやオークションハウスのゲートキーパーや仲介者がいなくても、小さなアーティストを消費者に直接結び付けることができるためです。さらに、ブロックチェーンアートは、小規模なアーティストに新しい資金調達の流れを開き、彼らが時間の経過とともに評判を築くのに役立つ可能性があります。ブロックチェーンアート革命はまだ始まったばかりであり、決して確実なことではありませんが、アートの世界をブロックチェーンに移行することは、新しいクリエイターにとって恩恵となるでしょう。.

より多くの接続

机の上のアーティスト分散化は、ブロックチェーンを使用したゲームの名前です。これは、一般的な仲介者と仲介者が、ブロックチェーンのピアネットワーク上の分散型信頼に置き換えられることを意味します。アートの場合、これはギャラリーやオークションハウスのようなアート界の機関がブロックチェーンへの移行とともに衰退する力を見ることができることを意味します.

さらに、業界がブロックチェーンアートの出所と検証に移行した場合、アートの取引と認証の課題の多くはオンラインで処理できます。将来的には、高価なアート作品を購入して所有することは、アートワークとそれに付随するデジタル検証を購入するためのスマートコントラクトを契約するのと同じくらい簡単になる可能性があります.

小さなアーティストにとって、これは参入障壁がこれまでになく低くなったことを意味します。芸術作品の作成、その真正性の検証、およびオンラインでの掲載は、これまでになく簡単になります。スマートコントラクトにより、アーティストは顧客と直接取引し、利益の大部分を受け取ることができます.

ブロックチェーンで検証および封印されたデジタルアートのためのスペースも増えています。ブロックチェーンは、デジタルアートをコピーしたり海賊版にしたりできないようにします。消費者は、ブラウザを離れることなく、ブロックチェーン上でオリジナルの芸術作品または作品の限定プリントを直接購入できます。.

新しい資金調達モデル

ブロックチェーンを使用すると、アートも独自の生活を送ることができます。伝統的なアートモデルは、アーティストが芸術作品を作成し、コレクターがそれを購入することを前提としています。ただし、Plantoidや 収穫 伝統的な芸術の資金調達モデルに挑戦しています.

Plantoidsは、公共の場に住むロボットの芸術作品です。誰かが近くに来るのに十分なほど植物を賞賛すると、ビットコインでプロジェクトに寄付できることを示すプラークが表示されます。寄付は、植物を明るくしたり、他の方法で反応させたりします。誰かが寄付すると、Plantoidプロジェクトで投票を獲得します。寄付は新しいプラントイドの作成に資金を提供し、ドナーは新しいプラントイドを構築するためにどのように見えるべきか、どのアーティストを雇うべきかについて投票することができます.

このように、プラントイドは独自の生命を持っている自己資金の芸術の領域を開拓しています。公共の場でアートを楽しむ視聴者がプロジェクトに寄付し、アーティストの将来の絵画に投票できる、同じようなことをしている画家を想像するのは簡単です。.

収穫は、資金調達を再考する別のアートプロジェクトです。ただし、Harvestは寄付に依存していません。アートインスタレーションでもある風力タービンです。タービンはZcashマイニングリグに電力を供給し、マイニングからの収益は気候研究に資金を提供します。.

自分自身にお金を払い、新しいアートにお金を払うこのアートのトレンドは成長しています。これは、多くの可能性を秘めた興味深いアイデアです。これらの新しいモデルは、1回限りの支払いではなく、継続的なキャッシュフローを提供するため、小規模なアーティストはこの傾向から恩恵を受ける可能性があります。.

小さなアーティストの評判の構築

グラフィティアーティスト評判はアートの世界のすべてです。小さなアーティストとして、主要なギャラリー、美術館、またはコレクターがあなたの作品を気に入った場合、それは売り上げにとって巨大になる可能性があります。ブロックチェーンは、新しいスケールでのアイデンティティと評判を可能にします。アーティストは、誰が自分の作品を購入したか、そしてそれらの作品がブロックチェーンを介してどこに移動または展示されたかを追跡できます。時間が経つにつれて、小さなアーティストは彼らの評判を築き、市場で悪評を得ることができます.

ダイナミックプライシング

ブロックチェーンアートマーケットのメリットとデメリットは、ダイナミックプライシングです。彼らの人気が高まるにつれて彼らの作品がより高価になるならば、それは芸術家を助けるかもしれません。しかし、多くの批評家は、アートの開かれた市場が価格を押し下げる可能性があることを心配しています。その結果、創造性のコモディティ化が促進されます.

アートの低価格は、平均的な消費者にアート収集の世界を紹介するのに最適です。それにもかかわらず、それは彼らの追求からまだ多くを成し遂げていない小さな芸術家にとって有害で​​しょう。アートのためのオープンなブロックチェーンベースのマーケットプレイスを作成するには、アーティストと創造性を保護し、アートの安上がりを避けるために慎重に検討する必要があります.

結論

ブロックチェーンは小さなアーティストにとってはメリットがありますが、真のブロックチェーンアートマーケットプレイスの出現はすぐには実現しません。のような小さな市場が dada.nyc 引き続きポップアップします。ギャラリーやその他のハイエンドアートの要塞が静かに進むことを期待しないでください。最終的には、ハイブリッドシステムは、アートをコモディティ化から保護しながら、アートをよりアクセスしやすくし、芸術的取り組みのための新しい資金調達オプションを開くのに最適な場合があります。.

Mike Owergreen Administrator
Sorry! The Author has not filled his profile.
follow me
Like this post? Please share to your friends:
map